スポンサーリンク

firestorageの使い方 ログインしてiPhoneやスマホに動画の無料ダウンロード-ファイヤーストレージ

FireStorage(ファイアーストレージ)は無料で大容量のファイルを送信できるサービスです。未登録で容量2gbから使用できます。会員登録とログインの仕方から、ファイル送信までをまとめてみました。Iphoneやスマホでのダウンロードの仕方、フラッシュ使用でエラーが出た時のクラシックバージョンについてなどを紹介します。

作成した文章や画像、動画などの大きなサイズのデータを送りたい時に役に立つのがファイル送信サービス「firestorage」です。

文章はもちろん、動画やペンタブや液タブで作成したイラスト、フォトレタッチ画像などを送ったり、共有する事が出来ます。

 

【初心者におすすめ】意外に知らないWacomペンタブ格安購入法-ペンタブレット
ワコムのペンタブレット(ペンタブ、板タブ)を安い値段で購入する方法を紹介。現在の液晶タブレットの状況やペンタブの使い方、設定の方法、練習法なども。無料アプリ・ソフトを使用すればプロに近い環境も実現できます。ペンタブの購入法に...
【初心者におすすめ 】Wacom液晶ペンタブレットと安い中華液タブを比較
ワコムの液晶ペンタブレットとそれ以外の液タブ(HUION、GAOMONなど中華液タブ、台湾はワンタブ)をアマゾン人気ランキングを参考に比較し、まとめてみました。 そこで明らかになる意外な真実…性能の違いや、注意点の...

 

firestorageはとても便利なツールなので、積極的に使いましょう。ではまずログインの前に送信するファイルを準備するところから。

スポンサーリンク

firestorageで送信する前にファイルの圧縮をする

firestorageではファイルをそのまま送るだけではなく、まとめて送る事も出来ます。今回はフォルダーを作成し、それを圧縮してから送る方法を紹介します。

まず、デスクトップ画面の開いている所で、右クリックからファイルを作成します。

 

右クリックから、フォルダーの作成

 

そうしたら、フォルダを任意の名前に変更してエクスプローラーを開き送信するファイルをフォルダーにドラッグ&ドロップして下さい。

必要なファイルを集めたら送信用フォルダの完成です。

 

 

ファイルをフォルダーにドラッグ&ドロップして圧縮

 

 

作成したフォルダーを右クリックから圧縮します。ここでは最も汎用的なZIPファイルを選択しました。

右クリックから開いたウインドウの真ん中から下あたりの「送る」から圧縮(ZIP形式)を選択して下さい。

 

送信用フォルダーを右クリックから圧縮

 

そうすると以下の様にZIP形式のファイルが作成されます。

 

圧縮用ZIPファイルの作成

 

作成したZIPファイルをfirestorageで送信します。見てみましょう。

スポンサーリンク

firestorageからZIPファイルを送信する(未登録)

firestorageでは未登録(ログイン無し)でも使用できます。もちろん会員登録した方が追加のサービスを受けられるので、使用頻度が高く問題がないのなら会員登録してみましょう。

会員登録したら、ログインはトップページの1番右のボタンからしてください。

今回は登録無しで送信していきます。未登録でも1ファイルあたり2gbの容量から使用できます。正会員になると10gbまで使用出来るようになり、海外版を使えたり、firetoolsを利用する事が出来るようになります。

これらの会員プランは常にアップデートされているので、自分で確認しましょう。以下のリンクから行く事が出来ます。

 

さて、ではファイアーストレージからファイルを送信していきましょう。firestorage(ファイアーストレージ)には以下のリンクから行けます。

こちらの⇒firestorageのトップページからアクセス出来ます。

 

「ファイルをここでアップロード」にチェック

firestorageのトップページを開きますと、以下の様にになっています。アップロードの規約を確認してください。法律に抵触するようなファイルのアップロードはしないでください。

firestorageのトップページ

 

以下の様に、Firestorageトップページの「ファイルをここでアップロード」にチェックを入れて下さい。そうするとファイルをドラッグ&ドロップするエリアと「ファイルを選択してアップロード」のボタンが現れます。

 

firestorageファイルをここでアップロード

 

アップロードエリアとアップロードボタンの表示を確認

チェックを入れると以下の様にドラッグ&ドロップするエリアと「ファイルを選択してアップロード」というボタンが表示されます。

ファイルをここでアップロードをチェック後の表示

 

※firestorageではFlashを利用しており、アップロードボタンが表示されない場合はFlashのバージョンが古い可能性があります。表示さない時は最新バージョンにアップデートしましょう。

Flashが最新版なのか確認するのは以下のリンクから。

 

確認後Flashplayerのインストールが必要な場合は以下のリンクから。(Flashplayerだけインストールしましょう)

firestorageのファイル保存期間を選択する

チェックを入れてドラッグ&ドロップするエリアとアップロードするボタンが表示されたら、以下の様に保存期間を選択してください。

 

firestorageでファイルの保存期間を選択

 

 

ファイルの保存期間は最大で7日間となっています。「特に指定しない」を選択するとfサービスの利用状況に合わせて削除になります。

※会員登録した上で「ストレージ保存」を選択することで七日以上の保存が可能です。(一か月間ログインがない場合は削除されます)

 

firestorageでファイルのダウンロード用パスワードの設定

保存期間の設定とどちらが先でもいいので、ファイルのパスワードを入力します。ダウンロードする時に必要なので必ず記録してください。

 

firestorageでダウンロード用パスワードの設定

 

パスワードの内容と強度はご自分と送信相手の利用環境に合わせて決めて下さい。

ファイルのドラッグ&ドロップまたはアップロード

以下のような画面で「ドラッグ&ドロップエリア」にファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択してアップロード」のボタンを押して、エクスプローラーから送信するファイルを選択します。

firestorageでファイルを選択しアップロード

 

アップロードが終了すると、ダウンロードURLが発行されます。

ダウンロードURLの発行

アップロードが終了すると、以下の様にアップロードエリアの下の水色部分にアップロードURLが発行されます。

 

ダウンロードURLの表示

 

これを控えておき、ファイルを送信する相手にメールなどで伝えて下さい。相手がそれを使用することでダウンロードできます。

スポンサーリンク

firestorageでファイルをダウンロードする

 

メールでダウンロードURLが送信されてきた場合は、自動的にリンクとして送られるので、それをクリックして下さい。

 

メールで送信されてきたダウンロードURLの表示

 

ダウンロードURLをアドレスバーに貼る

リンクとしてではなく、文字列として送られてきた場合は、そのURLをコピーして下さい。

そして、コピーしたURLを上の検索窓(アドレスバー)に貼り付けてリターンキーを押して下さい。

 

FirestorageのダウンロードURLを貼り付けてリターンキーを押す

 

 

開いたページで「ダウンロードページを開く」をクリック

するとダウンロードページに飛ぶのでそこで「ダウンロードページを開く」をクリック。

 

firestorageで「ダウンロードページを開く」をクリック

 

ダウンロード用のパスワードを入力

 

するとパスワードの入力を求められるので、パスワードの入力をしてください。

 

firestorageでダウンロード用のパスワードを入力

 

メールでURLを送信する場合にパスワードを忘れる事があります。あらかじめ共有しておくなど工夫しておきましょう。

ダウンロードするファイル名をクリック

「ファイルのダウンロードが可能になりました」と表示されるのでファイル名を確認し、横にあるオレンジの部分をクリックしてダウンロードします。

 

firestorageでクリックしてダウンロード

 

そうするとブラウザによって異なりますが、ファイルがダウンロードされます。(以下の表示はGoogleChrome)

 

ダウンロードされたファイルの表示

 

 

※ダウンロードする前に確認するポップアップが表示される事があります。その場合は「ファイルを保存」を選択しましょう。

スポンサーリンク

iPhoneでfirestorageを利用する

スマホでfirestorageをダウンロードすると、iPhoneの場合は拡張子が変わって上手くファイルが開けず、アンドロイドの場合は解凍する必要があります。

こんな時は無料アプリを使用して解決しましょう。

firestorageからダウンロードするアプリ(iPhone用)

例えばGメールを使ってダウンロードURLが送られてきた場合はGoogleChromeを使えるならダウンロードするのは出来ると思います。

それ以外の方法で汎用性があるのは、ファイルマネージャーを使う方法でしょうか。

iPhoneはiTunesとの同期など、外部からファイルを入れるのに手間取る事が多いですね。いつもどうにかならないのか考えてしまいす。

iPhoneではfirestorageからダウンロードすると拡張子が変わり(mcgi)上手くダウンロードできません。

そんな時は、ファイルマネージャーを使用してダウンロードしましょう。

Documents 6を使ってファイルをダウンロードする

「Document 6」はとても優秀なファイルマネージャーです。解凍だけではなくファイルの管理全般ができます。

「Document 6」以外にも「Clipbox」というアプリがあったのですが、何故か現在はアプリをダウンロード出来ないみたいです。ですから、紹介を見送りたいと思います。

Document 6は以下のような外観のアプリです。

 

Document 6 Appストアでの外観

Appストアで参照したい場合は以下のリンクから。

こちらの⇒APPストアでDocument 6のレビューを見るから参照のこと

「Document 6」をまず開いて、右下のコンパスマークをクリックしてブラウザを起動します。

URLをコピーしておき「Document 6」の検索窓に貼り付けて検索してください。そうすると、パスワードを設定した人はパスワード入力用ポップアップが開きます。そのままパスワードを入力してください。

ダウンロード出来るようになりました。と表示されるので、そこのリンクをクリックしてください。

クリックするとファイルがダウンロードされます。ホーム画面の「ダウンロード」フォルダに格納されています。

ファイルを開いた状態で右上の「…」から、他のアプリで開いたり、メールで送ったり様々な処理を選択可能です。

こちらの動画ではDocument 6の紹介をしています。

 

iPadでPCのようにファイル管理『Documents by Readdle』導入レビュー

 

firestorageからダウンロードについては以下のサイトで詳しく書かれています。

 

また、こちらの「りんごの使い方」というサイトでは「Document 6」を使用してZIPファイルを開く方法について書かれています。

こちらの⇒ZIPファイルをiPhoneで開く方法の記事を参照

 

公式サイトでは使い方を詳しく知ることが出来ます。下のリンクから参照のこと

 

 

こちらの⇒Readdle-Document 6の使い方を参照

 

その他にも「izip」などのアプリを利用することでZIPファイルを解凍することが出来ます。探して見てください。

スポンサーリンク

アンドロイドスマホでfirestorageを利用する

アンドロイドスマホの場合はiPhoneよりも外部からのファイルの読み込みには寛容です。
それでもZIPファイルを解凍し、開くにはファイルマネージャーなどを使用して解凍するのが便利です。いくつかのアプリを紹介します。

 

まぁ、広告がうざいかもしれませんが我慢するなら無料で使用できます。

感覚的に使えるファイルマネージャーアプリ「RAR」

RARは感覚的に使えるファイルマネージャーです。使い方は簡単です。アプリを開くとファイルの一覧が出てくるので、ダウンロードしたファイルをタップして下さい。多くの場合は「Download(ダウンロード)」と書かれたフォルダのなかにあります。

また、スマホのストレージを開いてダウンロードしたファイルをタップする方法もあります。
設定⇒ストレージとメモリ⇒ストレージ⇒内部共有ストレージ⇒ファイルの選択でアプリが立ち上がると思います。

 

RARのアプリ外観

下のリンクよりGoogle Playでアプリを確認することが出来ます。

 

こちらの⇒Google PlayでRARのアプリを確認する。

 

細く設定できる「解凍ツール(ZIP/LHA/RAR/7z)」

こちらのファイルマネージャーはRARよりも細く設定できます。しかし、その分感覚的に出来るわけではありません。フォルダを細かく管理したい人やデジタルガジェットが好きな人に向いています。

 

細かい所に違いがありますが、基本的に使い方は同じだと思ってください。

 

解凍ツール(ZIP/LHA/RAR/7z)のアプリ外観

 

以下のリンクからGoogle Playでアプリを確認することが出来ます。

 

 

スポンサーリンク

ファイヤーストレージクラシック 「2049」エラーとは?

2049というエラーが出てアップロード出来ないという人はいないでしょうか。「2049」エラーはアップロード時におけるFLASHのセキュリティエラーです。

対策はFLASHのバージョンを確認することなど。以下のリンクからfirestorageのヘルプページにアクセスし、エラーの状況を確認して下さい。

対策として、FLASHを使用しない前のバージョンのファイヤーストレージ(firestorage クラシック)のリンクも用意しておきますが、必ずエラーについて確認して下さい。

firestorageのヘルプページ「2049」エラーについてのページは以下のリンクから。

 

 

firestorageのクラシックバージョンを使用するには以下のリンクから。

 

コメント

error:Content is protected !!