文庫Xの中身はなに?ネタバレあり?販売店はどこ?タイトルや正体の謎を解く

記事上カスタムHTMLテスト用

スポンサーリンク

先日昔よく行っていた書店が閉まりました。よく本を取り寄せてもらったのを思い出します。
今、個人の書店はとても厳しい状態だと思います。
そんな中、ある書店が始めた売り方が話題になっています。
この売り方が全国に広がり、少しでも書店が復権してくれるのを祈っています。

スポンサーリンク
シンプリシティ広告PC用

「文庫X」盛岡市の書店が始めた売り方が話題に。


盛岡市にある書店が始めた「文庫X]が、全国に広がっています。
手作りのブックカバーをつけ、タイトルや著者名、出版元を伏せることで、「先入観にとらわれず読んで」との思いを込めたそうです。
地方の一書店が始めた取り組みが店員のネットワークをつうじてひろがり、30都道府県の200店以上が同じ方法で販売されています。
本は重版を繰り返し、すでに5万部を超えているそうです

これに対するネットでの反応を見てみましょう

この売り方をはじめたのは「さわや書店フェザン店」。
表と裏にびっしりと文字が並んでいる手作りのブックカバーはこんな書き出しで始まっています。

「申し訳ありません。僕にはこの本をどう勧めたらいいか分かりませんでした。どうやったら『面白い』『魅力的だ』と思ってもらえるのか、思いつきませんでした。だからこうして、タイトルを隠して売ることに決めました」

このブックカバーの文章を考えたのは、昨年9月に入社した長江貴士さん(33)。
プライベートでこの本を読んでいて「ノンフィクションの中で誰にでも読んでもらいたいと思った初めての作品」だったそうです。
通常の販売方法では、なかなか手に取ってもらえないと考え、あえて書籍名などを隠すことを思いついいたそうです。
ぶんしょうは長江さんが考え、同じ店でアルバイトをしている店員が文字を書くことにしたそうです。
ブックカバーはコピー機でモノクロ印刷したもので、手作業で裁断し、1つずつ手作業でつけているそうです。

当初仕入れたのは60冊。時間をかけて売っていくつもりでしたが、5日後には完売したそうです。。
長江さんは「本の中身が何もわからないというのはとてもハードルが高いと思っていました。それだけにとてもびっくりしています。」と話していました。

「文庫X]について明かされているのは、税込み810円の価格、ノンフィクションであること、500ページ以上であることのみ。
購入したレシートにもタイトルを表示しない徹底ぶりで、更に買って開封したらすでに持っている本だとわかった場合は、単行本・文庫本を問わず、返金に応じているそうです。

通常の文庫本は月200冊売れれば月間トップになる事ができるそうですが、「文庫X]は2ヶ月で1600冊が売れました。異例の売れ行きだそうです。

この取り組みが、店長の田口幹人さん(43)の書店員ネットワークを通じて他店にも拡大しています。
今では北海道から沖縄まで、約30都道府県の200店舗以上で販売されています。
チェーン店で扱うことも決まりそうで、一気に300店舗を超える見込みだそうです。

「文庫X]なんでネタバレしないのか 12月9日に「文庫X開き]


ネット上でも話題になっている「文庫X]ですが、書籍名などの「ネタバレ」を書いているひとがほとんどいないのも特徴です。
私もネタバレしてみようかと思っていましたが・・・
すべての書店でやっているわけではないので、手に入らない人もいるのではないかと思って・・・
止めておくことにしました。
田口さんは「本好きな人が、それだけ大事に思ってくれているんでしょうね」とコメントしていました。

フェザン店では、12月9日に「文庫X開き]と称して書籍名などをあかす予定になっています。更にそこに向けて、「文庫X]に関する著者インタビューや各地で販売している書店員の思いをまとめたフリーペーパーを準備しているといいます。
本当に個人の書店は厳しい時代。この様な取り組みが広がって少しでも活気づいてほしいですね。

スポンサーリンク
シンプリシティ広告PC用
シンプリシティ広告PC用

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!