スポンサーリンク

ハロウィンはいつから?由来は何?起源や発祥の地、ケルトについて。

ハッピーハロウィン!!本日10月31日が本当のハロウィンです。
昨日まで渋谷や川崎で行われたコスプレパーティーはハロウィンとは違いますよ。
ハロウィン自体は古代ケルトに由来するお祭りです。
しかし、意外なことに日本にも同じようなお祭り、文化があるんですね。
なぜ地域的に離れている日本と古代ケルトに同じ由来のお祭りかあるのか。
そのことを見ていきましょう。

ハロウィンはいつから?由来は何?起源や発祥の地、ケルトについて。

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあました。
ちょうど我々日本人でいうとお彼岸の様なものです。
この一年の最後に、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。
我々でいうとお盆の感覚でしょうか。
時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚く習慣がありました。

トリックオアトリートの由来とは?

魔よけの鬼火を焚く習慣にちなみ、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸発見以前はカブが用いられました。スコットランドでは今もカブの一種ルタバガをもちいています)をくりぬいた中に蠟燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を一軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート」と唱えます。
それは、「お菓子くれないと悪戯しちゃうぞ」という意味で、子供たちはお菓子を持ち帰って、みんなでハロウィン・パーティーをしたりする。
また、もしお菓子をくれなければ、報復として悪戯をしてもよいとされています。

これらの現代的なハロウィンは旧大英帝国の範囲にあった国々で行われ、必ずしも世界的な文化という訳ではありません。
カソリックではハロウィンの翌日の諸聖人の日の方が重要とされています。
諸聖人の日はカソリックがケルト文明を統合してゆく中で生まれたとされていますが、諸説があります。

古代ケルトと日本の奇妙な一致とは

一般的に、ハロウィンの起源はアイルランドに住むケルト人のお祭りとされていますが、古代ケルトはヨーロッパの広範囲に及んでいました。
現在、最もケルト文明の影響が強いのがアイルランドであり、その文化に欠かせない収穫祭がハロウィンです。
キリスト教成立以前、ケルト人は、イギリス、アイルランドだけではなく、大陸側にも広く分布していました。
キリスト教がにヨーロッパで支配的な宗教となったのはいつの頃か、正確にはわかりません。
なにしろ、キリスト教以前の文明は「宗教暗黒時代」の影響で消されてしまっています。
ただ、分かることもそれなりにあります。
例えば、このお祭りが10月31日に行われ、収穫祭の意味を持つことから、彼らの文明が、農耕文明であっただろうということです。
10月31日にこのお祭りが行われるのは、太陽の運行と太陽暦に関係しています。
太陽の運行と太陽暦及び、水に関係する祭祀は一般的には農耕祭祀と考えられるためです。

この10月31日をケルト人は一年の最後の日ととらえ、一年の収穫を感謝するお祭りをしていたのではないかと言われています。

知っている方も多いですがケルト人は「多神教」あるいは一種の「精霊信仰」を持っていました。
我々の神道も「八百万の神」を祀る一種の精霊信仰ということができます。
我々の祭祀の中で最も大切なものの一つが新嘗祭です。
新嘗祭は一年に一度行う収穫祭です。天皇陛下が即位される時、一生で一度だけ行う新嘗祭を大嘗祭と言います。
この様に、我が国の文化的基盤にかかわる祭祀と共通点があるのです。
また、それ以外にも、面白い共通点があります。

神無月とハロウィンの共通点について

我々の国では10月に神様が出雲の国に集まり、神様がいなくなると言われています。
それが、神無月です。
このため、様々な伝承が語られるようになりました。
その中の一つに神がいなくなった国々に悪霊などが現れるという伝承もあり、これが日本のハロウィンと言われることがあります。
奇妙な共通点ですが、これも収穫祭である新嘗祭と神々が出雲に集まって一年の事を話し合う事を背景にしています。
おそらく農耕祭祀の関係で何かの共通点があるのでしょうが、我々の国もハロウィン同様、由来の分からない文化が存在しています。

色々面白い情報もありますのでまたの機会に書いていけたらと思っています。

ハロウィンはいつから?由来は何?起源や発祥の地、ケルトについて。

ハロウィン面白いですね。今のバカ騒ぎのハロウィンは商業的すぎますが、本来のハロウィンは家族的ないいものですよ。
子供たちがお菓子くれ!と来るのは少しなごみますね。
バカ騒ぎで有名になって、家族文化として成立してゆくというのが理想的かな。
政府は何とかして消費を誘導したいみたいですね。
まぁ、儲ける人がいればいいです。

コメント

error:Content is protected !!