スポンサーリンク

Google Chromeの代替ブラウザ Vivaldiでツリー型タブを使う

ブラウザのVivaldi(ヴィヴァルディ)が評判です。Google Chrome(グーグル クローム)の代わりに使えるかもしれない! という訳で、前から気になっていた縦型タブ(ツリー型タブ)のアドオンを入れて使用中です。Google Chromeとの比較と、拡張機能(アドオン)をインストールする方法について解説します。

元々は「Google Chrome」と「Firefox」(ファイアフォックス)を使用していたのですが、「Firefox」が最近落ちまくるようになり、別のブラウザを使うことに。そこで、今まで使ったことのないブラウザを一通りダウンロードして、実際に使用してみました。(比較対象はGoogle Chrome、Vivaldi、Kinza、SRWare Iron、edge)
その後、Firefoxは落ちなくなったのでそのまま使い続けています。しかし、前から気になっていたヴィヴァルディ(ビバルディではない)に野良アドオンのツリー型タブを入れてみたら、なかなか良い。
ツリー型タブのインストールについて、自分がインターネットで調べた時には情報がなかったんですよね。ですから、個人的なメモの代わりにブログ記事を書いてみようかな、と。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

Google Chromeと他のブラウザ(Vivaldiなど)の違いは?

結論から言うと、全てのブラウザのパフォーマンスは「ほぼ同じ」でした。

今回試したブラウザは、Firefox(ファイアフォックス)、Vivaldi(ヴィヴァルディ)、Kinza(キンザ)、SRWare Iron(エスアールウェア アイアン)です。他にも、マイクロソフトの edgeなどがありますね。

実は「Sleipnir」の 4と6も使っていたのですが、「Sleipnir6」は使いにくいし、「Sleipnir4」は好みだけれど「少し古い」感じがする…。だから別のブラウザを探していたんです。

初めはテスト結果を見て、「このブラウザはこんな傾向」みたいな記事を予定していました。

しかし、ベンチマークをしてみると、「Firefox」が少し遅いぐらいで、他のブラウザは「ほぼ同じ」という結果に。

Chromiumベース」のブラウザは、環境や更新のタイミングもありますが、「ほぼ同じ」みたいなんですよ。
Google Chrome、Vivaldi、Kinza、SRWare Iron、プレビュー版edgeが Chromiumベース)

ちなみに最近プレビュー版がリリースされた「edge」も使用してみました。以下のリンクから行くことができます。ダウンロードして遊んでみましょう。使用感は「しっかりしたchrome」という感じ。Microsoftの作るソフトは上質感があり、好きなのですが…。

 


今回使用したベンチマークは、以下の通り。試してみると、面白いですよ。

米Appleが開発した、Webブラウザー向けのベンチマーク「Speedometer 2.0」スコアが高いほうが優秀です。

 

JavaScript や WebAssembly、Web Workersの実行を見る「JetStream 2」スコアが高いほうが優秀です。

 

Web標準に準拠しているかをチェックする「HTML5 Test」最高点が555点で、スコアが高いほうが優秀です。

 

Basemark Oy社が運営している総合ベンチマーク「Basemark Web 3.0」CSSの機能、HTML5の機能、ページの読み込みと応答などをチェックできます。スコアが高い方が優秀。

2019年4月24日の時点では、Firefox (66.0.3)のスコアがやや低く、それ以外の「Chromiumベースのブラウザ」のスコアは「ほぼ同じ」で、性能差は「測定誤差の範囲内」と解釈できるレベルでした。「Firefox」は動画関係が良くなかった。

ぜんぜん面白くありませんが、これが現実というもの。どこかの記事みたいに、特定のブラウザが「2倍速い」なんてことはない。

それでも納得できない人は、実際に測定してみるか、以下のような記事を参考にして下さい。

各ベンチマークは環境や、ブラウザに入れてある拡張機能(アドオン)などに左右されます。また、バージョンアップが遅れ気味のブラウザもあります。

総合的には若干「Chrome」が速いような気もしますが…。ただ、メモリやCPUの使い方がね。たくさんタブを開いた時のパフォーマンスはまた別かもしれません。「Chrome」はバックグラウンドで余計なプロセスもあるみたいな…。

「Kinza」や「SRWare Iron」は余計な動作がなく、スッキリしていています。そのほうが安心できる人もいるでしょう。ただ、スタートページがね…。

あとはセキュリティの部分をどのように考えるかです。アカウントで共有されていたほうがいいのか、個人情報の保護をしたいのか。

更に、「IE、Chrome、Firefox」でしか入れないサイトがあります。ですから、「Chrome」はまだまだやめられない…。

「Firefox」が落ちてしまうことから始まったブラウザ探しですが、ダウンロードした全てのブラウザが、「Chromiumベースのブラウザ」だったことで、「積極的に変える必要はない」という結論に。

この記事を書いている時にも、バージョンアップされるなど、「Chrome」には隙がありません。

更に、落ちて使えないと思っていた「Firefox」が復活(アドオンが原因だった)し、「変えなくてもいいんじゃね」と言う状態に。

しか~し。それでは面白くない。「Firefox」は個人的な用途を中心に使っていました。それなのに「動画に弱い」とか、ありえんでしょう。

そういう訳で、いま評判のブラウザ「Vivaldi」を使ってみた、というわけ。

 

※追記

只今絶賛使用中です。Vivaldiは使用感はいいのですが、拡張機能関係にバグが多いのが難点です。

拡張機能「Session Buddy」のバグ対策については以下の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

ツリー型タブとChromeではなくVivaldiを使いたい理由

「Vivaldi」を使いたいのは、「不必要なタブをいっぱい開いてしまう癖」があるからです。

整理しながらブラウジングしたい。そこで目をつけたのが、ツリー型タブ。これなら、検索しながらタブを管理できるようになる。

開いてしまったタブをツリー状にするアドオンもありますが、検索と同時に情報をまとめたい人にはこちらの方がいいと思います。結果的にタブを減らせるからです。

今回比較したブラウザで、ツリー型タブを利用できるのは「Firefox、Vivaldi、Kinza」です。Chromeにも似たような拡張機能はありますが、いまいちなんですよね。

この中で、デフォルトで対応しているのが「Kinza」です。だから一番安定しているかもしれません。これから使って確かめる予定です。

じゃあなぜ「Kinza」を使わないのか。それは、「Vivaldi」の方が、検索する機能が充実しているから。

今までツリー型タブで有名だったのが「Firefox」です。ツリー型タブを使用してみたかったのは、これの評判を聞いていたから。

でも、デザイン的には通常のタブが残ってしまうのがね…。全画面表示にするか、いじってやれば消せるんですが、落ちまくってブラウザを変える原因になったので、今回は外しました。

Vivaldi」については、今の段階では評価するのが難しいです。しばらく使ってみないとわからないことも多いでしょうし…。

とりあえず、「Firefox」よりは動画の再生がいいのは確認しました。でも拡張機能のアイコンが表示されないなど、バグもあります。さらにスクロールはカクカクしてます。

まぁ、この辺りはご愛嬌といったところ。困るのは、入れないサイトや表示が崩れるサイトがあることですかね。それにも裏技があるみたいなんですが、今のところ試してないです。

このブログも「Vivaldi」で書いてます。割と快適です。問題が起こるのはこれからですね…。

Vivaldi」には「Google Chrome」の拡張機能(アドオン)が使えます。

ところが、「Google Chrome」にはツリー型タブの拡張機能(アドオン)はありません。似たような拡張機能(アドオン)はあるんですけど…。

だから「Vivaldi」でツリー型タブを使うのはあきらめていました。

もし「Chrome」にツリー型タブがあるなら「Chrome以外を使いたい」なんて思わなかったでしょうね。使っていて、な~んの問題もなかったので。いや本当にお世話になっております。m(_ _;)m

そしたら、「Vivaldi」のコミュニティに「tree tabs」の書き込みが! 野良アドオンとして公開していました。どうやら「Firefox」のツリー型タブの作者と同じようです。(「Firefox」のツリー型タブは複数あります)

「これは入れなくては!」と直感し、今に至っております。

※追記

Google Chromeのツリー型タブに似ている「Outliner」を試してみました。Vivaldiで使用するときの評価は微妙ですね。

ただ、Chromeで使うならこの拡張機能がおすすめかも。以下のリンクから参照して下さい。

スポンサーリンク

Vivaldiにツリー型タブの拡張機能をインストール

さて、本題に入っていきましょう。ツリー型タブについて、「Vivaldi」のコミュニティに以下のように書かれていました。翻訳するなどして確認してください。

 

アドオンが格納されているアドレスは以下のリンクから。今回は「tree tabs 1.9.2 Vivaldi.zip」をダウンロードしました。

ダウンロードが終わりましたら、ウィルスチェックを忘れずに。その後、エクスプローラーを開いて、右クリックから、「全て展開」を選択。任意の場所で展開して下さい。その時にダウンロードした場所とファイル名を覚えておきましょう。

次は、「Vivaldi」に展開したファイルを読み込みます。
一番左上のアイコン、またはメニューの「ツール」をクリック⇒拡張機能をクリック⇒右上にあるスイッチを切り替えてデベロッパーモードをONに⇒そうすると左上に「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」と表示されるので、そいつをクリックしてください。

クリックすると、ポップアップが開くので先程展開したファイルを選択し、読み込んでください。

そうすると左上にツリー型タブのアドオンが表示されたはずです。その中の「詳細」をクリックして下さい。

Vivaldiツリー型タブアドオンの表示

 

すると、アドオン(拡張機能)の説明が書かれています。下の方に、「拡張機能のオプション」と書かれているボタンがあるので、そこをクリックして下さい。

Vivaldiツリー型タブの拡張機能のオプションを開く

 

拡張機能(アドオン)の設定が開くので、その一番上に書かれている「Webパネル」とのリンクアドレスをコピーしてください。

ツリー型タブのオプションでリンク用アドレスをコピーする

 

それを、「Vivaldi」の「Webパネル」に貼り付けます。「Vivaldi」の一番右にある「Webパネルに追加」ボタンを押します。(+マークを押して下さい)

VivaldiのWebパネルに追加の表示

 

ポップアップが開いたら、以下の場所にリンク用アドレスを貼って下さい。これで拡張機能(アドオン)が追加されたはずです。右側の「Webパネル」にボタンが追加されているはずです。動作を確認して終了です。ご苦労様でした。

VivaldiのWebパネルにリンク用アドレスを貼り付ける

 

実際に機能していると、以下のように表示されます。(ダークテーマによる表示。テーマのインポートについては別記事で)

Vivaldiのツリー型タブがきちんと動作しているか確認する

とりあえずここまで。表示は英語ですが、使っていれば慣れます。結構落ちやすいので、必ずセッションはエクスポート(ローカルにダウンロード)したり、ブックマークしましょう。

使う人が増え得ていけば、標準化されるかもしれません。その頃にはバグも少なくなっているでしょう。

「Vivaldi」が「Chrome」の代わりになるかは今の所わかりません。しばらく使ってみようと思います。

拡張機能「TreeTabs」の外観(テーマ)の変更は以下の記事を参照して下さい。

 

 

コメント

error:Content is protected !!