スポンサーリンク

バックトゥザフューチャー予言が正確に未来を言い当てている件について⁂衝撃⁂

またか!・・・ドナルド・トランプ氏か大統領に選ばれる可能性か高まり、ネット上ではある言葉が飛び交っています。
それが、「バックトゥザフューチャー予言」。
皆さんもよく知っているこの映画の中で、様々な予言がされていると話題になっています。
その辺をちょっと見てみましょう。
まずはネットでの反応はどうなっているでしょうか。

バックトゥザフューチャー予言が正確に未来を言い当てている件について⁂衝撃⁂

最初に話題になったのは、「バックトゥザフューチャー予言」が9.11事件を言い当てていたと言う主張が始まりでした。
そんなことがあるんでしょうか?いや、それはどういうことなんでしょうか?

映画の内容は次のようなものでした。

「バックトゥザフューチャー」の中には911テロを思わせるシーンがあります。
「ドク」ことブラウン博士がテロリストに襲われる場所が「TWIN PINES MALL」(二本松モール)と言うツインタワービルを想起させる名称で、その看板にある時計の時刻が「1:16AM」とあり、これをさかさまに読むと「911」になると指摘しています。
また、ドクが持っているデジタル時計の時刻が「1:19」を示している場面があり、これも「11/9」と911の日付を暗示させる物となっています。
更に、1989年公開の続編「バックトゥザフューチャーPART2」ではスクリーンに2本の松が登場した後でWTCのツインタワービルが映る場面があり、ここまで来るとこじつけとも言い切れないのではないかと思ってしまいます。

また、その後、大リーグでシカゴ・カブスが4勝3敗でクリーブランド・インディアンスに勝利し、ワールドシリーズ優勝を決めましたが、
それを「バックトゥザフューチャー」が予言していたと話題になっていました。

シカゴ・カブスの優勝がどうした?

カブスが優勝したのは、なんと1908年以来の108年ぶりといいます。
「ヤギの呪い」と有名になっていましたね。
1908年と言えば(明治41年)と言えば、愛新覚羅溥儀が宣統帝として清のラストエンペラーに即位した年(分かりにくい)だそうです。

さて、カブス優勝と同時ににわかに注目をあつめたのが、映画「バックトゥザフューチャーPRAT2」です。
作中の「現在」(1985年)から「未来」(2015年)へとタイムスリップしたマーティ・マクフライは、街角の巨大スクリーンでワールドシリーズの結果を知るのだが、その時に「カブスが優勝だって!?」と驚いているシーンが出てきます。

映画公開の1989年時点ですでにカブスは81年も優勝から遠ざかっていて、「カブス=優勝出来ない」が定着していたからのネタでした。
それが、現実の時間で1年ほどのタイムラグがあるものの実際にカブス優勝を当てたわけです。
この「バックトゥザフューチャー予言」のニアミスが注目され、「こいつはコトだぜ!」ということで俄然「バックトゥザフューチャー予言」が話題を集めるようになりました。

そして、今回の大統領選挙です。

ドナルド・トランプ氏が「バックトゥザフューチャー」の登場人物とそっくりな件について

同映画のシリーズには、2015年にタイムスリップした主人公・マーティといがみ合う「ビフ」と言う人物が登場します。
これが、トランプ氏と風貌がそっくり。
更に、「ビフ」はカジノの経営者として成功し、「トランププラザホテル」も”真っ青”なド派手なカジノを建設しています。
放漫な大富豪として、世の中を支配し、世界を暗黒に染めています。

ここまで来るとネタでは済みませんね。
たぶん、これから話題になると思われます。
最後に少しツイートを貼っておきます。

バックトゥザフューチャー予言が正確に未来を言い当てている件について⁂衝撃⁂

こんなことがあるんですよね。
ちょっと信じられない。
自分で書いておいて何を言っていると言われそうだけれど。
これから起こることが「バックトゥザフューチャー予言」が当たらないといいですね。
注目してみていこうと思います。

コメント

error:Content is protected !!