スポンサーリンク

アジアカップ2019で「シャビの予言」の的中が話題 日本代表の優勝は?

 

シャビの予言を初めて目にした時は正直言って「何言ってんだか」という感じでしたが…どうやらマジだった様です。既にあと一試合を残すのみとなっているわけですが、前評判だけなら日本代表の優勝は「鉄板」と言えるでしょう。

しかし、カタールもワールドカップを控え本気で強化中です。おまけに日本代表の10番中島翔哉選手がカタールに移籍するという情報が…。

PSG(パリ・サンジェルマン)に移籍できるのではという情報もありますが、移籍できたとしても出場できるか分かりません。やめてくれ…。マジで。

本当に移籍は難しい。結局「フィジカルと金」なのかなぁ。日本ブランドをきちんと確立しないとね。

スポンサーリンク

シャビの予言は的中率88%? アジアカップ優勝の行方は

NHKスペシャルの「ロストフの14秒」を見ましたか? 新しい4年間の始まりを象徴する、あの出来事を中心にロシアワールドカップを振り返ります。
日本代表の新しい主力、中島、南野、堂安と森保監督の戦術について考察します。森保さん3バックの導入はいつになるのかなぁ。少し期待しているのだけど。

 

いやぁ、風邪をひいてしまってしばらく記事が書けませんでした。その間にもう決勝戦ですよ。

今のところ、シャビは準決勝に出場する全8チームの中で7チームを的中させている。

つまり(7÷8=0.875)で87.5%。(四捨五入で88%)これだけでもすごい的中率だが、すごいのは大方の予想を裏切る結果を的中させている事。(…と思っていたんだけどね。)

シャビはカタール代表を指導する立場にいるので、カタールが韓国に勝利することは予定通りだったのだろう。

その一方で、UAE対オーストラリアでは予想を外しています。もっとも、UAEの勝ちを予想できた人はいなかったんじゃないかな。オーストラリアはもう少しやれると思っていたのだけれど…。

中東だと、それ以外の地域のチームが勝つのがとても難しい。アジアと言っても、南アジアは全体的にレベルが低いし、東アジアは中東での試合が苦手。優勝の経験があるのは日本代表だけだったりする。

シャビがバルセロナからカタールに移籍したのは2015年だった。バルサからカタールに移籍するって聞いた時は「残念!」ってかんじだったなぁ。ミーハーな感じがしたけどね。

それでもバルサの心臓と言われたシャビだけあって、戦術も最新のトレンドを持ち込んでいるみたいだ。「5レーン」や「ポジショナルサッカー」だよね。2019年でこの強さなら上出来だろう。

ポジショナルサッカーについては鹿島対レアル戦を例に考察してあります。参考にして下さい。

 

もちろん選手が理解できる事を重要視しているだろうから、バルサと同じにはならないけどね。それでも守備の堅さはすごいものがあるね。

DAZNマネーがあれば、シャビは今頃神戸でプレーしていたかもしれない。正直言ってイニエスタよりもシャビだと思う。カタールは当たりを引いたよ。

イニエスタは戦術家という感じはしないからね。その分リージョ監督がいるけどさ。

2019年はJリーグでもスペイン流の戦術がスタンダードになっていくだろう。スペイン出身の監督がすでに3人(神戸、セレッソ、鳥栖)いるから。

まぁ、日本人が好きな「ポゼッション」サッカーをするなら、スペイン人監督が増えるのは当然で、少し遅いくらいだと思う。まだまだ日本は強くなれるということですね。

シャビはもちろんカタールの優勝を予想しているが…。舐められているのか…。それとも本当に自信があるのか…。試合が始まってみないとなんとも言えないなぁ。

スポンサーリンク

カタールは2022年にワールドカップを開催予定

次のワールドカップはカタールで2022年に開催されるわけですが、アジアカップが2019年の1月にあるのは少し早いと思うんだよねぇ。

この時点でチームが完成されている、なんてことは絶対にない。しかしアジアカップで決勝まで勝ち上がっているのを見ると、どこまでカタールが強くなるのか判断できないなぁ。

それでも、今回のアジアカップで優勝するのは日本だと思う。シャビの予言を覆す事ができるのか注目です。

そうそう、カタールもコパ・アメリカに出場する予定らしいんだよね。もちろん日本とは別のグループリーグだと思うけど。

カタールはワールドカップのためにマジで強化している。しかもかなり速いペース。本番が始まるまでに力尽きちゃったりして…。

 

カタールのアジアカップ(2019)での戦績は以下の通り。

対戦相手試合結果(動画)
グループリーグレバノン2−0
グループリーグ北朝鮮6−0
グループリーグサウジアラビア2-0
決勝T1回戦イラク1-0
準々決勝韓国1-0
準決勝UAE4-0

勝利した国を見ると侮れないですね。サウジや韓国に勝っている。無失点なのも気になります。

組織力が低い、と指摘された記事がありましたが、それもあてになりません。何せ無失点ですから。少なくとも守備の組織はそれなりだと思われます。

色々細かく見て褒めてみようと思っていたのですが、意外なニュースが入ってきました。

スポンサーリンク

カタールの選手が出場資格違反? さらに審判は…

カタールの2選手がカタール代表としての「出場資格」に問題があるのではないかとのニュースが飛び込んできました。

細かい内容については以下の記事を参照して下さい。

 

これを見る限り、カタールは勝つためなら手段を選ばないみたい。シャビは選手選考を知っていたはずだけど…。全体的にすごく嫌な感じ。

下手をすれば、コーチとしてのキャリアを台無しにしかねない。やっぱり環境を選ぶのはとても大事だと思います。カタールに移籍する中島選手は大丈夫なのか?

スーダン人の選手とイラク人の選手が問題らしいんだけど、他にも昔サントスで10番だった日系ブラジル人選手がいるんだよね。「ロドリゴ田畑」という名前。少し前に日本代表に選ばれるかもしれない、と話題になっていたのを思い出します。

出場資格があるかどうかで、今までの試合が没収される可能性があるらしい。もちろん決勝戦も当てはまる。これが欧州なら大変な事なのだろう。しかし、中東ではどうなのか…。

FIFAはアジアカップに興味ないだろうしね。本当に金って恐ろしいよね。

どちらにしても、こんな事をしていれば継続して勝利する事は難しい。でも分かってもらえないんだよね。中東の人達には…。

ええ、決勝戦はあの審判?

おまけに審判がサウジアラビア戦と同じイルマトフ主審に決まったとか。もう笑うしかないね。

 

ボールを奪ったら全てファールにされていたよね。胸トラをハンドにされたし、コーナーキックをゴールキックにされた。同じ事が起こるかもね。PKだって取られるかもしれない。

日本ならチートがバレると諦めるのが普通。中東は違うね。まぁ、決勝戦まで行くのは大変だからなぁ。

今回は大迫が出場するから、もう少しボールをキープできるだろうけど、相手は12人だからなぁ。

つまり今回の決勝戦は「没収試合」の可能性もあるし、「4-0」で勝ちの可能性もある。チートの連続で負けることもあるかなぁ。

本当はカタール代表を細かく分析する予定だったんですが…。出場する選手も予想出来ないし、試合も没収されるかもしれない。こりゃあ始まってみないと全く分からない。

本来なら日本代表の勝利は「鉄板」です。

それでも予想できないあんな事やこんな事が…。アジアカップ、盛り上がってまいりました。

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!