スポンサーリンク

風間八宏監督、川崎F退任。東京五輪のオリンピック代表指揮か?家族は?子供は?

えっ本当!?というか、やはりというか、ついに来たという感じです。
おそらく皆さんが考えている通り、日本代表か、オリンピック代表の監督への就任が予想されます。
日本サッカー協会としては異例の判断の速さだと思っていますが、別に不思議ではないですね。
もし風間八宏監督がオリンピック代表を指揮したとしたらどのようなサッカーをするでしょうか。
今までの経歴を踏まえ見ていきたいと思います。

川崎Fの風間八宏監督が退任。東京五輪のオリンピック代表指揮か?それとも日本代表か?


風間八宏監督のプロフィールは次のようになります。

風間 八宏(カザマ ヤヒロ)
名前
愛称::ヤヒロ

基本情報
国籍:: 日本
生年月日::1961年10月16日
出身地::静岡県静岡市清水区
身長::173cm
体重::67kg

選手情報
ポジション::MF
利き足::右足

ユース
1977-1979 清水市立商業高等学校
1980-1983 筑波大学

所属クラブ
-1984 ジョイフル本田
1984-1985 バイエル・レバークーゼンII
1985-1988 FCレムシャイト
1988-1989 ブラウンシュヴァイク
1989-1992 マツダSC 63
1992-1995 サンフレッチェ広島F.C
1996-1997 FCレムシャイト

代表歴
-1979 日本 U-20
1980-1983 日本

監督歴
1997-2004 桐蔭横浜大学
2008-2012 筑波大学
2012- 川崎フロンターレ

風間さんの出身地はサッカーの名選手の出身地として有名な静岡県静岡市清水区です。
清水三羽烏の長谷川健太監督が1965年の生まれですから、4つ年上になりますね。
静岡市がサッカーにあたえたを影響の大きさが分かります。
風間さんは母子家で、母親は磯料理屋を営み息子を3人育てたそうです。
風間さんはその長男。清水市立商業高校(のちの静岡市立清水商業高等学校)時代、監督の大滝雅良さん曰く、「教えることは何もない」と言わしめる程の選手で、大滝さんがそれまでの指導法を変える程の影響を与えたと言われています。
3年連続で静岡県高校ベストイレブンに選出されました。

筑波大学入学後は蹴球部に所属して、在学中の1980年に日本代表に選出されました。
同年に香港で行われた1982年FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選にレギュラーとして出場。
卒業後は海外でのプレーを希望し、日本サッカーリーグには所属せず、茨城県リーグのジョイフル本田に所属していました。
1984年筑波の恩師である松本光弘の紹介で西ドイツのバイエル・レバークーゼンIIとアマチュア契約を結び入団。
その後5年間にわたってドイツの2部、3部リーグのクラブを転々としています。

1989年、ドイツから帰国すると日本サッカーリーグ2部のマツダSCに入団。
翌1990~1991年シーズンに1部復帰を果たします。
1992年、jリーグ発足に伴ってサンフレッチェ広島FCとして、新たなスタートを切ることになりました。
jリーグ開幕戦、開始1分でチーム第1ゴールと日本人選手Jリーグ初ゴールを記録。
同年、NICOSシリーズの第1戦においても、リーグ戦で日本人始めての直接FKによるゴールを決めました。
以降も多彩なパスで中盤を操り、またキャプテンとしてチームの精神的支柱となり活躍。
1994年のサントリーシリーズ優勝にも貢献しました。
1995年に広島を退団。再びドイツに渡り、FCレムシャイトに復帰しましたが1年で退団し、現役を引退しました。

その後1997年に桐蔭横浜大学サッカー部の監督に就任し、2004年にJFA公認級コーチライセンスを取得しました。
2006年8月には日本サッカー協会特任理事に就任。
2008年の役員改選で「特任」が取れ元jリーガーとしては初めての正式な理事となります。
2008年より2012年4月20日まで母校であるつくば大学蹴球部の監督、筑波大学体育センター准教授(サッカーコーチング論)を務めました。
2012年からJ1川崎フロンターレ監督に就任。
2016年10月川崎フロンターレ監督の退任が発表されました。

風間さんの監督退任に対するネットの反応を見てみましょう。

風間さんが代表チームを作るとしたらどんなチームになるのか。

基本的には風間さんの言う「ボールを持って相手を崩していくサッカー」になると思います。
良いポゼッションと言われている物です。
風間さんはこう語っています。

「バルセロナを見ても、バイエルンを見ても、DFラインのボール回しはものすごくシンプルだ。そこから一発のパスを狙うことはほとんどない。どんどんボールを動かして、前のうまい選手に渡す。そうするとボールが止まらないので、前の選手も動き出しやすい」

大事な点としてもう一つ上げていたのが走る距離、タイミングや角度でした。

「相手の目の前だけで動いていたら、視線は動かない。あくまで目安だが、3メートル動くより、6メートル動く方がいい。あとはそれをいかにしつこく繰り返せるか。パスが来なくても、もう1度動き直す。自分の体を操れなければ、敵を操ることもできない」

風間監督になってフロンターレは意図のないパスがほとんどなくなりクロスも狙って入ってくるようになりました。
ここに上げたの”はベースになるもの”です。実際にはもっと具体的な技術の組み合わせです。

現在世界はポゼッションサッカーというよりも走るサッカー、攻守の切り替えが早い走るサッカーが主流だと思います。
だからこそハリル監督が選ばれたのですが、問題を抱えてしまいました、
正直に言えばハリル監督の問題というよりも、日本サッカーの問題だと思います。
ここからは自分で考え解決できないと先に進めないと思います。
風間さんはその最初のモデルを作ってくれる。そう思っています。

それで結果が出るのかわかりませんが我々は叩き台になるモデルが必要なんです。

風間さんの家族は、子供は?


風間さんはもちろん結婚されています。子供は娘が二人、息子が二人の四人になりますね。

二人の男の子は知っている人も多いと思いますが現在J2リーグでプレーしているサッカー選手です。

長男の風間宏希選手がギラヴァンツ北九州で背番号7を付けミッドフィルダーとしてプレー。
移籍からすぐに北九州の攻撃の中心となり、パス数のランキングでJ2一位になっています。

次男の風間宏矢選手はfc岐阜で背番号14をつけ、ミッドフィルダーとしてプレーしています。
今年からFC岐阜に完全移籍。これからの活躍に期待したいと思います

風間八広監督ですべてが解決するか?サッカー日本代表監督にはならないのか


オリンピック代表と書いてきましたがもしかしたらフル代表の可能性もあります。
ハリルJの結果次第という事になると思います。
日本代表も意外と切実な状態なのかもしれません。
ワールドカップに1998年以降、日本は毎回出場しているわけですが少し無邪気過ぎたのかもしれません。
アジア圏では他の国の機会は失われている状況です。
単純に努力の結果だと思っていますが、他の国から見たらいい迷惑です。
他の国ではサッカーが国技のような国もあり、急成長した日本代表に驚いたはずです。
明らかに日本と他の国ではジャッジの内容がが違っています。
日本相手ならPKを与えるのは当たり前。そんな状態です
しかし我々はこんな所で止まっている場合ではない。
我々の望みはもっと上。
いつか必ずたどり着くために努力をしていかないと。
だから、これからも応援していきます。頑張れ日本!

コメント

error:Content is protected !!