スポンサーリンク

ピコ太郎って誰?ペンパイナッポーアッポーペン?意味は?正体は古坂大魔王?動画も!

%e3%83%94%e3%82%b3%e5%a4%aa%e9%83%8e%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81380x338

あまり私達の世代には知っている人はいないのですが、いま世界で話題になっている人がいます。それはピコ太郎。
なんかゲーム的で軽い印象の「ピコ」と伝統的な「太郎」を組み合わせた不思議な名前。
一度見たら忘れられないヒョウ柄の衣装を着たエキセントリックな容姿。
あのジャスティン・ビーバーもフォローしていると言うのですが・・・
しかしピコ太郎の正体が「」だと知って思い当たる節が・・・
我々世代にも必見です。[adsense]

ピコ太郎の正体は古坂大魔王?


”おいおい古坂大魔王なんて知らないよ”なんて言う方がいらっしゃると思うのですが、(私もそうでした)「ボキャブラ天国」というテレビ番組を覚えていらっしゃる方は多いとおもうんです。
その番組の中に出演していた「底ぬけAIR-LINE」というお笑いトリオがいたのを覚えてらっしゃいませんか?
けっこう面白かったんだけど確か優勝はなかったような気がします。
その三人組の中の一人が古坂大魔王こと古坂和仁さんです。
プロフィールをまとめました。

本名 ———- 古坂 和仁(こさか かずひと)
ニックネーム —-こっつぁん
生年月日 ——-1973年7月17日(43歳)
出身地 ———青森県青森市
血液型 ———A型
身長 ———–186cm
最終学歴 ——-青森県立青森東高等学校
グループ名——-底ぬけAIR-LINE(活動休止中)
相方 ———-小島 忍、村島 亮(1997年脱退)
事務所 ———M2カンパニー→フリー→エイベックス
活動時期 ——-1991年 –

なんていうかこの古坂さんは少し独特な感じです。
個性もそうですが、色々調べてみると周りの人達がなんとか成功させたいという気持ちが見えるんですね。
今でももちろん売れてはいるのだろうけれど、もっと大きく当てさせたいという気持ちですね。
何回も売れそうなきっかけがあったような気がします。
残念ながら今までかかってしまった訳ですが、これをきっかけにブレイクするかもしれません。

「底抜けAIR-LINE」も休止中になっていたんですよね。えっ解散じゃないの?元メンバーの小島忍さん、村島亮さんとの交流もあるそうでその点も普通の方と違うのかな・・・と

最も楽屋で面白い芸人として有名で「くりいむしちゅー」の上田さんが「日本一面白い奴がいます。古坂っていうんですけど・・」とさんまさんに紹介しようとして、「俺よりおもろいんか?」と真顔で返されたという逸話があります。

私は忘れていたんですが「マネーの虎」に出演してアニメキャラをモチーフにバンドとして売り出したいと売り込んでいましたね。
この番組はリアルタイムで見ていたんですね。でも忘れていて、今回この文章を書くためにたまたま見直したんです。
私もアニメはけっこう見るのだけれど正直、痛々しくてやめて~という感じでしたね。(番組当時)
それを忘れていた。で、実は外国の方の中に「ピコ太郎」のキャラクターは「ワンピース」の「ボルサリーノ」だ。という人がいたんですね。
それを初めて見たときは何言ってんだこいつ!ぐらいの感じでした。
何しろピコ太郎のプロフィールが、千葉出身のシンガーソングライターで53歳だって言うので。
千葉の伝説といえば「ジャガー」さんしか・・・
それは置いておいて千葉でヒョウ柄ですから。そんなイメージなのかなと。
しかし、「マネーの虎」を見たら思い出して、うるっとしてしまった。(T_T)

彼はやり続けていた!!

ぶれていなかった。やり続けていたんですね。これに驚きました。
なんとなく周りの人に愛されるのもわかります。
これで本当は面白いんじゃなおさらですね。
そんなピコ太郎の動画を紹介します。

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)

そしてこちらがリミックスバージョンですね。
音楽の方も本職なので、なかなかです。鈴木亜美さんやmihimaru GTの楽曲を手がけていたみたいです。

PPAP KOSAKA DAIMAOU REMIX(ペンパイナッポーアッポーペンのリミックス)/ピコ太郎with古坂大魔王

ピコ太郎の正体は古坂大魔王こと古坂和仁。売れるといいね。

マネーの虎を見れば分かるのですが彼の中では初めから世界を相手にした展開を考えていたところがあります。
だからと言って売れると分かっていたかと言われればそうじゃないと思うんです。
正直たまたまなのでは?でも国内展開でもこのやり方はいいと思うんですね。
日本人は外国で流行っているものに弱いですから。
これで成功してくれるとうれしいですね。

コメント

error:Content is protected !!