平野美宇が日本人初優勝!卓球女子W杯で16歳最年少優勝!

記事上カスタムHTMLテスト用

スポンサーリンク

やってくれました。リオオリンピックには帯同したものの出場経験がなかった平野美宇選手が卓球女子W杯で16歳日本人初優勝&最年少優勝をしてくれました。
快挙を成し遂げた平野選手について見ていきましょう。

スポンサーリンク
シンプリシティ広告PC用

卓球女子W杯で16歳平野美宇選手が最年少及び日本人初優勝。


卓球の女子W杯が9日、米国でおこなわれ、シングルスで16歳の平野美宇が決勝で世界ランキング8位のチェン・イーチン(台湾)を4-0で下し、日本選手として初優勝しました。大会公式サイトによると平野選手は大会最年少優勝だといいます。
平野選手はツイッターで次のように報告しています

卓球女子W杯は年に1回開催され、オリンピック、世界選手権と並ぶトップレベルの大会。これまで中国選手しか優勝したことがなかったそうです。
国際卓球連盟(ITTF)によると、16歳での優勝は最年少だとか。
今回は、中国選手の参加は無かったそうです。

W杯初出場の平野選手は、8日の準々決勝でリオデジャネイロオリンピック団体銅メダルの伊藤美織(スターツ)に4-1で勝利し、準決勝では同ランキング6位のフェン・ティアンウェイ(シンガポール)に4-2で勝ち上がりました。

これまで卓球女子W杯での日本人最高位は石川佳純選手の2位でした。

これに対するネットでの反応を見ていきましょう

平野美宇選手卓球女子W杯最年少&日本人初優勝おめでとうございます。


中国選手がいないって?ごちゃごちゃ言うない!次はいる時に勝とうぜ!
まず、前例が大事なんだって。
とにかく平野美宇選手がおめでとうございます。
男子も負けていられませんね。期待しております。
これからも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
シンプリシティ広告PC用
シンプリシティ広告PC用

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!